大道南連合K・B・C
大阪市でキックベースボールをやっている大道南連合KBCという、チームです。 これは、管理人個人のページで、子ども会とはなんら関係ありません。 管理人の都合により更新されます。
第7回 頑固親父杯
1月22日 第7回 頑固親父杯が豊里南小学校で開催された。
第7回頑固親父杯

前日の夜の雨も朝には上がっていたが、今日の天気もあまり良くないとの事。 

チームの調子も少しずつだが上がってきている。 (たぶん)

8チームが2コートに分かれて総当たりで、各ブロック上位2チームがトーナメントへ進む。

抽選の結果、「なんてブロックだ!」 (豊里南さん・中宮さん・海老江西さん)

優勝候補に入るであろうと思っていたチームがみんな集まった。

これは何かの策略か?? 

第1戦 

豊里南さん

ちょっと久しぶりの対戦かな?

あまり得点は期待できないので、コツコツ手堅く攻めて守備を揺さぶる。

寒さのせいだろうか? 

豊里南さんの送球や返球の乱れが多く、ラッキーな流れが得点に絡む。

しかし、伝染したかのようにうちにもそれがうつる。

「おいおい、何をしてるねん」 

バタバタした試合展開だったが、今回は豊里南さんの方がミスが多く勝ちを拾ったってところだろうか。

次の試合に向け修正点を話し、次の試合に備える。

第2戦

中宮さんとの対戦。

この試合でアクシデント発生。 

バントヒットを狙い1塁へ駆け込んだうちのキャプテンが、少しそれた送球を捕球しようとした1塁手が激突。

両者膝同士をぶつけた様で、共に立ち上がれず。

そのまま退場。

急遽控え選手を投入し、ポジション変更で試合を続ける。

キャプテンの抜けた穴を見事に残り選手が埋めてくれたが、惜しくも1点差で敗戦。

普段守備でもキャプテンにかなりの部分で頼っていたが、状況が変わった事により各自の意識が少しかわった様で、

負傷退場のキャプテンには気の毒だが、「けがの功名」ってところだろうか?  

「後日、お互いに怪我も大事に至らなかったとの事です。」 

第3戦

最後は海老江西さん
 
試合前に「1打席でも出たい」とキャプテンの直訴があったが、大事を取って今日は出場させない事を告げる。

先程のメンバーで試合に入る。

守備も攻撃もしっかりしだし、しっかりと試合を作ってくれた。

途中から雨も降りだしたが、最後まで集中力が途切れず勝利で締めくくった。

このころから雨がしっかりと降り出して来て、グランドがだいぶぬかるみだした。

予選最後の試合が残っていたが、雲の切れ間も見えるので昼休憩として様子を見る事に。

しかし、その間にかなりの雨が降り、グランドはあっという間に全面水たまりに。 

2017020116115708d.jpg

その後止んだが、これは開催不可能だろう。

協議の結果グランドの水取りをして予選だけは終わらせるとの事。 

大人たちが総出でスポンジ等での水取り、かなり足元は悪いが1コートのみで試合再開。

やはり足元が悪く、転倒者続出。

この時点で決勝トーナメントは無いとの事で、うちの選手たちに撤収準備をさせる。

気の毒な位の足元の悪さでお互い実力を発揮できず?

引き分けで終了。

これで終わりと思っていたが、参加チームの事情もあり、トーナメント戦を行う方向へ。

一度気持ちが抜けた状態から、このグランドコンディションでの試合続行ははたいがい怪我をする。

話し合いで延期を望んだが、主催者判断なので仕方が無い。 

再びコート整備をして試合開始、そんなところへ駄目押しの雨がみぞれ交じりで降ってきて流石に中止決定。

延期での開催は主催者側さんの御苦労は大変だと思ったが、正直ホッとした。

決勝トーナメントの仕切り直しは2月25日 大道南小学校にて開催決定。

さあ、各チーム優勝を目指して頑張りましょう。 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://daidouminamikbc.blog69.fc2.com/tb.php/591-2914fabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック