タイトル画像

第3回八幡屋新春杯

2017.01.19(16:04)

第1回大会から参加させてもらっている 「八幡屋新春杯」。

同時開催でお隣のコートではチームOGや保護者さん等の「レディース大会」もやっており、

その迫力は中々の見応えあり。
第3回八幡屋新春杯 第3回八幡屋新春杯-2



新春杯の参加チームも増え、これまでの6チームから今回は8チームへ。

大会ながら総当たりで、1日に中々の試合数をこなす。 

この試合数は練習試合等ではたまにあるが、大会ではまずない。

そんな訳で1日を通してのチームの集中力が問われる。



前日には初雪が降り、都会の?東淀川区では車の通る道路以外は薄っすら雪化粧。


開催を心配し、5時頃に起きて外の様子を伺っていた。 


その時点では雪も降っていなかったが、外の色は全体的にしろーい。


大道南小学校の校庭も真っ白で、ガッチガチに凍っている。 

あげくに7時過ぎの出発に合わせるかの様に雪が降りだし、

車の温度計はマイナス2℃を表示している。 

これは中止の可能性があるかも? 

そう思いながら雪が吹き荒れる薄っすら雪の積もる道を進む。


淀川沿いを進み伝法大橋辺りから景色が一変する。

「あれ・・・??」 

雪の降った形跡もない。 

予定時間よりも遅れたので、各チームは到着している。

雪の事情を話すが、みんなからは「嘘やろ~」の言葉。

もちろんグランドもそんな気配もなく、ますます信憑性にかける。

写メでもとっておけば良かった。 




第1試合 

いきなり玉川さんとの対戦。

前回の借りを返そうと前の失敗点を修正して臨んだ試合だった、

が・・・・・、

途中までは良かった。


もしかして?  なんて流れもあったが逆転されてからは良い所なし。

ミスからの自滅でもったいない試合を逃してしまった。 

優勝争いから一歩後退。 

気持ちを切り替え残り全勝を目指す。

第2試合

前回の対戦で苦労した八幡屋さん

先ほどよりは少し修正も出来たのか?

今回は無失点で切り抜けた。 (あまりいい内容ではなかったが)

総当たりなので、試合と審判で大忙し。

第3試合

池島さんとの対戦では守備は粘りを見せていたが、攻撃が機能しない。

苦労して取った2点を守り切り勝利・・・・・。

と、行く予定だったが最終回に一つのエラーから守備が乱れ、まさかの引き分け。

負けの流れを踏みとどまったのは良かったが、これで優勝争いからは脱落。 

残り試合は今後の大会に向けての強化練習としよう。 

第4試合

先週のリベンジに燃える磯路さんとの対戦。

初回の攻撃ではまずい走塁もあり、1点のみ。

嫌な出だしだ。

その後はきっちりと抑えられ、中々得点に繋がらない。

細かいミスを突かれて、最終回にはの4点のビハインド。
 
敗戦ムードの中、最終回。

戦術を変更、蹴れる選手には蹴らせるシンプルな攻撃。

これまで当たりの無かった選手が芯を捉え出しホームランを連発。

あるという間の7得点。

逆転に成功し、そのままに勢いで裏の攻撃を切り抜けて勝利を引き寄せた。

始めっからこれぐらいやってくれれば、もっと上位を目指せるんだけどなぁ~。


試合も半分を過ぎたので、控え選手もそろそろ起用しよう。

港晴さん・九条北さんとの試合を勝利で終え、

残り一つ。

塚本さんとの対戦。

この試合も来週の大会に合わせて、守備変更。

やはりそう簡単には機能しない。

ミスも重なり1対4で迎えた最終回。

塚本さんのミスもあり同点まで追いつき、2アウト3塁。

思い切って蹴ったボールは前3の右手をすり抜け、

3塁ライン上を捉えサヨナラ勝ち。 

この大会色々と試して見て、いかに流れをつかむか? 

試合ごとのキーポイントを見極めるのがまだまだ難しい。

いい経験をさせてもった大会でした。

新春杯実行委員会の皆様、

寒さの厳しい中運営お疲れ様でした。

1日いい経験が出来ました事、感謝いたします。 




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://daidouminamikbc.blog69.fc2.com/tb.php/590-dc673d36