さよならアミティ杯 (西区)

三連休の最後に西区の九条東さん主催のさよならアミティ杯

参加させてもらった。


多くのチームが6年生最後の大会として望んでいる。


しかし,幸せ?な事に、 うちのチームはまだ引退まで数試合残っている。


早く新チームへの切り替えをしないとならないが、


これまで共に戦って来た六年生を切る事にもためらいがある・・・。


毎年の事ながら、このジレンマから抜け出せない。




この日は全12チームが集まり抽選で3コートに分かれての予選リーグが行われた。

うちはAコートで大正区の中泉尾さん・平野区の喜連北さん・主催者チームの九条東さんとの対戦。

各コートの上位2チームが決勝トーナメントに出場出来るのだが、どうなることやら?



<1試合目>
中泉尾さんとの対戦


昨日の反省を踏まえて丁寧に攻撃の指示をするが、

やはりそう簡単には修正は出来ない。

精度も破壊力も何もない・・・。


本当に勝つ気でやってるのか??


見ていて疑問に思う。



それでも朝1番の試合と言う事もあった様で、中泉尾さんのミスもあり、初回に3点を入れ

その後も追加点を入れ、6対1で迎えた最終回

ランナーは出したがツーアウトまで来た。


このまま終われば上出来・・・。

しかし、そんなに甘くはなかった。

エンジンのかかり出した中泉尾さんに守りのミスも重なって、

1点差にまで追い詰められての辛勝。


<2試合目>

喜連北さんとの対戦

審判をしながら喜連北さんの試合を見ていたが、

予選リーグ用の試合をしている様で参考にはならないが、

昨年末のさわやか杯の時よりも、打線のパワーが感じられ、


「うちもあれぐらい蹴ってくれたら、楽に試合が出来るのになぁ・・。」  

そんな打線に刺激されて、と言う訳でもないが、

湿りっぱなしの打線に復調を求めて、少し強引に責める、が・・。


終わって見れば、たったの1得点・・・惨敗。


<第3試合>


主催者チームの九条東さん

今期もメンバー不足で苦労されている様で、

違うチームのユニフォームの小さな子達がちらほら混じったチーム編成。

それでも流石にG監督。


急造チームであろう選手達の動かし方や戦法は、見ていて非常に参考になる。


試合内容は残念ながら得点差の感じられない締まりの無い展開だったが、


予選リーグ2勝1敗で、この後の中泉尾さんと喜連北さんの結果に注目する。


もし喜連北さんが負けると3チームが2勝1敗で並んでしまい、

ほぼアウト


最後まで目が離せない試合展開で、1点差で喜連北さんが勝利。


無事予選リーグを位通過となった。




午後から各コートの予選通過チームによる、再抽選で決勝トーナメントの組み合わせが確定した。


やはりトーナメントに上がって来たのはほぼ予想通りの顔ぶれ


Aコートにはうちの他に泉尾東さん生魂さん

Bコートに今川さん・泉尾北さん・喜連北さん


<1回戦:泉尾東さん>


午前中の不調からは少しずつ抜けだして来た様で、心配していた昼食後のジンクスをクリアーする。
ジンクスその1(食後の試合はグダグダになる)

完封で勝利し、このまま弾みをつけられか?


<2回戦:生魂さん>


やはり一発が出る程調子は上がらないが、コツコツと手堅い攻撃で得点を重ね、

守りも無難にこなす。


やっと調子が上向いて来たようだ。

7対2で勝利し、いよいよ決勝戦へ。




Bコートでは喜連北さんを一点差で破った泉尾北さん今川さんの試合の途中・・・。



遠目に眺めていると、試合終了のホイッスルと同時に今川さんのベンチから歓声が上がる。


対戦相手は今川さんに決定。 o(^-^)oワクワク




決勝戦、一塁ベンチの今川さんから順番に子ども達の名前が呼ばれて行き


決勝戦への意気込みを一言ずつ言っている。


やっぱり決勝戦はいいもんだな〰と、気楽に眺めていると最期に監督も呼ばれていた・・・。


と、言う事はうちにも回ってくる・・・。


とっさに塚本N監督さまのパフォーマンスが頭によぎる・・・、



しかしそんな勇気も・空気でもなかったので、止めておいた・・。

全チームが注目する中試合が始まった。


やはり決勝の緊張感はすごく気持ちいい。

勝っても負けてもこれが最期なので、一切の駆け引き無しで戦える。

うちの先攻で始まる。




<1回表・裏>

先頭キッカーが出塁するが、流石に今川さんの守備も固く1点がやっと。


<2回表・裏>


なかなか大量得点が奪えないが、コツコツ打線を繋ぎもう1点を追加する。

その裏、守備も集中し0点に抑える。

<3回表・裏>


今川さんのミスから3点を追加する。

そのまま勢いに乗って、またまた0点に抑える。


これで5対1、


しかし、決勝戦は時間無制限の5回戦。

このまま終わるとも思えないが・・・。



<4回表・裏>

ここで追加点を奪って試合を決めにかかる。


しかし・・・、   少し焦り過ぎたのか?


チャンスを掴むも、まずい攻めで無得点。


得手して、「チャンスの後にピンチあり」。


その裏、2アウトの後に守りのミスから、今川さんの反撃が始まった。


途中タイムを取り落ち着かせ様とするが、今川さんの勢いが止まらない。


まさかの1イニング6失点。


残るは後1回、


下位打線に向かい、2アウトでランナー1・2塁。


逆転にはここで一発、期待し代打を送るが、力の無いセンターフライで試合終了。


昨日・今日とチームの調子を見ていると、ここまでこれたのは奇跡的。




まぐれで優勝など有り得ない。


しっかりと試合への準備が出来ている方に流れは傾く、


何か一つでも欠けていると、決してたどり着けない場所。


試合後に悔し涙を流していたが、今度は優勝して嬉し涙を流せる様に

しっかりと準備をして、試合に望んで欲しい。(^_^)





当日、お世話になった、

主催の西区の皆様、大正連盟の皆様


子ども達にとっても大変いい思い出になりました。


皆様本当にありがとうございました。



















コメントの投稿

非公開コメント

Re: おめでとうございます

塚本キックKパパさま

お祝いのコメントありがとうございます。(^-^)


本来準優勝なら誉めてあげないと駄目なんでしょうが、

まだまだ、力を出し切っていない様に感じて・・・。


塚本さんとの最後の対戦を期待していたのですが・・・。


私の力不足で・・・。  申し訳ありません。


今度は新チームで、コテンパンにやっつけられると・・・。



今期ともよろしくお願いします。(^_^)/


おめでとうございます

先ずは2位入賞おめでとうございます。
調子が悪いと言っても銀メダルは立派です^^
いよいよ塚本っ子6年生達も残り僅か2試合を残すところ
悔いの残らない様に頑張って貰いたいものです
大南っ子達も残り僅かの試合ファンの1人として応援しています。

例年なら最後対戦があるはすでしたが…
最後6年生での試合をさせてやりたかった?
いや今期は勝ててないので勝ちたかったですが
実現出来そうも無いですね

その思いは新チームに託します。
また宜しくお願い致しますm(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

大道南連合 K・B・C管理人

Author:大道南連合 K・B・C管理人
大阪市で活動している大道南連合KBCというキックベースボールのチームです。気が付けばどっぷりとはまってしまい、抜け出せそうにありません。(>_<)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク