第37回東淀川区キックベースボール大会 ②

CIMG5002-1.jpg
今回12チームが参加。

CIMG5009-1.jpg

CIMG5014-1.jpg
新庄連合のキャプテンによる選手宣誓

開会式が始まり、前年度の優勝旗・優勝カップを返還する。

CIMG5004-1.jpg


いよいよ、緊張の瞬間が迫ってきた。

とは言うものの、実はここしばらく、あまり緊張をした記憶が無い・・・。

楽観的主義と言うわけではないのだが、これだけやって来たのだから、

後は「なるようになるさ」

そんな気持ちでやってきていた。

しかし今期はスタートからつまづきっ放し。

これならばと思えるような仕上がりには程遠い。

「なるようになるのか??」

優勝はおろか、1回戦負けも十分にあった。

大会前から、「6年生は、優勝出来なければ、引退させる」

そう言って来た。

しかし、敗戦の責任を子ども達だけに取らせる訳にはいかない。

誰にも話していなかったが、この大会で引退をするつもりで指揮をしていた。

1回戦:やはり初戦と言う事もあり、皆緊張している。

ランナーを溜めるのだが、6年生が大ブレーキ

チャンスを物に出来ず、2点どまり。

しかし、守備は良く守り無失点で踏ん張っているのだが、

攻撃が振るわず、お互い0行進

そんな重苦しい雰囲気4年生が振り払う。

右中間を破る 3ランホームラン

ここで流れが変わった。

相変わらず6年生は不発ながら、コツコツと小技で攻め得点を重ねる。

コールドゲームを狙うが、最後でチョットしたミスから4失点、

結局、時間いっぱいまでやる刃目になってしまったが、

心配された初戦勝利で飾る事が出来た。

うちがあと一つ勝てば準決勝での対戦となる、

井高野連合VS菅原連合の試合を

井高野さんの応援席から観戦する。

井高野さんはこれが初戦の為、動きが硬く不安な出だしながらも、

やっと緊張が解けてきた様で、打線が爆発し出し、予想通りに

準決勝へと先に駒を勧める。

うちの子供達も、この試合を観戦しており昼食を食べるタイミングを逃してしまった。

2回戦:豊里連合さんとの対戦。

次の試合が今大会のヤマ場と踏んで、少しスタミナの心配な5年生2人を次の試合まで温存する。

交代で出た選手も大舞台でまずまずの活躍をしてくれ、3回コールドゲームで終了。

しかし、6年生がみな絶不調・・・。

この試合の持つ意味を一番感じているであろう、キャプテン

プレッシャーと自分の不調から精神的限界に近い様子。

このままでは、次の井高野さんとの試合はやばいかも??

インターバルを20分程挟んで、いよいよ準決勝戦

先ほど温存していた2人を戻し、現時点でのベストメンバーで挑む。

今日の2回戦までと大きく作戦を変更する。

徹底して内野を狙わす。

6年生にも長打を指示せず、バントとプッシュの指示を出す。

これがうまくはまり、初回にビックイニングが生まれる。

バントにしろ、とにかくヒットで出塁し、自分達が得点に絡む事で6年生も少し落ち着き、

自信を取り戻したのか、変な硬さがなくなってきた。

キャプテンの顔にも少し明るさが戻ってきた。

初回の得点が大きく響き、その後も少しずつ得点を重ね、

ダメ押し点を狙いこの回に引き離しにかかる。

一発がある井高野打線に最後まで気を抜けないが、

だいぶ気落ちしている様で、いつもの元気が感じられなかった。

最後にやはり意地の1発を食らったが、セーフティリードと言えるほどの点差があり、

そのまま逃げ切る事ができた。

試合終了後、早くも泣き出すもの まで出てきたが、まだ決勝戦が残っている。

決勝戦:当初の予想通り小松連合さんが勝ちあがってきた。

この前の練習試合で、負けている相手。

この間の借りを返さなくては・・・。

この試合の頃から、子供たちの雰囲気がだいぶ変わってきていた。

昼ごはんも食べず、気温も上昇し体力もピークにきている筈、

本来ならここで電池切れのパターンなのだが??

試合前のミィーティングで、これまで聞いた事の無い様な大きな声が響く。

こちらの指示に大きな声で返事をする子供たち。(ちょっと圧倒される)

こんなに体力が残っているはずは無いと思うのだが??

気力が、体力を上回っているようだ。

少し、精神的に強くなったのだろうか?

これだけの声を出せるのなら、「優勝できる」と試合前の時点で確信した。

選手紹介の後、いよいよ試合開始。
Img_0324-1.jpg

又も先攻。
Img_0327-1.jpg

一発攻勢のある小松さん相手には、先行逃げ切りしかない。

接戦になればこちらが不利になる。

この試合も徹底してバントとプッシュで内野をかき回す。

気持ちいいほど決まり、キャプテンにもやっと笑顔が戻ってきた。

やはり、キャプテンがへこんでいるとチームはいい方向に進まない。

みんなの動きも良くなり、守りに余裕が出てきた。
Img_0329-1.jpg

少々のミスは必ず誰かがカバーしてくれる。

そんな信頼関係が芽生え始めたようだ。

初回に6点を入れ、その後も追加点を重ねていく。

最終回まで危なげなくゲームの主導権を渡す事無く2アウトまでやって来た。

あとアウトひとつ。

応援席からの物凄い声援が背中を押す。

最後のキッカーの鋭いショートライナーキャプテン自らが押さえゲームセット

一番のおいしい場面を最後に持っていったのが、キャプテンであり、

いい締めくくりとなった。

この日、朝から去年の卒業生全員と歴代の卒業生の保護者の方達激励に駆けつけてくれていた。

その他現役生の保護者の方々や、校長先生までもが・・・。

その他にも色々な方々が応援に駆けつけてくれていたようだ。

決勝戦での大応援団の声援の大きかった事、子供たち共々ずいぶんとパワーをもらった気がした。

「優勝なんてありえない」とずっと言われ続け

結果の出ない日々をここ何ヶ月間も送ってきた。

これまで毎年のようにチームを見てきた中でも最低レベルでしたが、

よくここまで頑張って着いて来てくれたと思います。

(ここに来て、やっとチームがまとまって来たように思う)

でも、本当の目標は市子連での優勝

そうとう厳しい目標ではあるが、目標は高く持った方がいいでしょ?


本日お世話になりました大会関係者および各チームの方々ありがとうございました。

卒業生及びに保護者の方々お忙しい中、

久し振りの暑い最中、大道南連合K・B・Cに熱いを声援をいただき有り難うございました。

また、子ども会役員の皆様にも色々とお世話になり、大変感謝しております。

おかげさまで、何とか5連覇を達成する事が出来ました。

ほっとしているのと同時に、子供たちの底力にも驚かされた大会でした。

Img_0340-1.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

littlepine・小松 さま


区大会お疲れ様でした。

そして、熱い戦いありがとうございました。

小松さんのパワーには、最後までドキドキでした。

これからもちょくちょく交流を持ちませんか??

練習試合だけではなく、一緒に練習なんてのも楽しいかも知れませんね。e-68

リンクの件、こちらこそよろしくお願いします。

完敗でした…

色々それなりに対策も練っていたのですが…
やっぱり 大道南さんは強いです。

でも 来年こそは連覇阻止するつもりでがんばります。

北ブロックの決勝で会いましょう!(ちょっと強がり)

リンクお願いしてもよろしいですか?

優勝おめでとうございます。
チョロとプッシュで活路を見出しましたか~
大阪城でおもいっきり暴れてきてください!

優勝おめでとうございます。

市子連大会での健闘をお祈りしております。
また良い報告を聞かせて下さい。

私たちはこれから秋に向けて、コツコツやり直して強いチームにするよう頑張って行きますのでこれからもよろしくお願い致します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

大道南連合 K・B・C管理人

Author:大道南連合 K・B・C管理人
大阪市で活動している大道南連合KBCというキックベースボールのチームです。気が付けばどっぷりとはまってしまい、抜け出せそうにありません。(>_<)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク