タイトル画像

こんな所で試合

2016.02.18(10:00)

キックベースボールを長い間やっていたが、

こんな事は初めてだった。



いつもお世話になっている九条北のA監督からお話しを頂いた時は驚きが隠せなかった。

なんと、京セラドームでの試合。

前日の夜から結構 雨が降っていたが、大丈夫。

当日の集合時間には雨も上がっており、うちとしては珍しく 電車移動。

試合に行くと言うより遠足に連れて行っている気分。  

予定時間より早めにドーム入り。

人生2度目の京セラドーム。 (前はまだ大阪ドームだったなぁ)
 
すでに他の試合は始まっており、自然とみんなのテンションが上がる。


今日は時間の都合もあり、2試合しか出来ない。

19名の子ども達を連れて来ているので、記念に全員を出してやりたいが、どうしょうか?

キャプテンに相談し、試合のメンバー構成を任せた。 

いよいよ試合の番が回って来た。 
20160215123412684.jpg  20160215124648f95.jpg 20160215124809968.jpg 20160215125341040.jpg



 

磯路さんとの対戦は、新チームでのスタートを選択した様で、

慣れない雰囲気にちょっと不安そう。 

時間が、半分過ぎた所で全員入れ替え。(笑)

公式戦なら大変だったろうな。


まだまだやりたりない所だったが、終了時間となった。

次の試合まで時間はたっぷりとあり、昼食タイム。

帰りの時間を考えて、姫里さんに無理をお願いして審判を代わってもらったので、

指導者はちょっと忙しかった。 (姫里T監督ありがとうございました。)


最後の試合は田中さんとの対戦。

201602151250016c5.jpg


この試合はレギュラーメンバーでやりたいとの事で、子ども達にお任せする。

今日はお祭りの様なものなので、細かいことは無しで楽しむ事に専念する。

あっという間に終了時間が来てしまった。

公式戦ではこんな気分ではやれないだろうなぁ。

九条北A監督さま 

貴重な経験をありがとうございました。

201602151245067ee.jpg  ドームのベンチ





タイトル画像

第5回 港区 港南校下なでしこ杯

2016.02.12(10:46)

建国記念日に港区にて第5回港南校下なでしこ杯が行われました。

昨年9月に淀川区で行われたJr.なでしこカップに参加して以来の新チームでの試合。


あの時は参加する事だけに重点を置いていたので、足りないメンバーを助っ人で参加してもらい、

気軽に参加していたが、今回は来月で引退の六年生の後を埋めてのチーム作り。

試合経験の少ないメンバーを入れてのチーム作りは毎度の事ながら大変だ。


そんな訳でメンバー13人を引き連れ市岡公園グランドへ。

朝一番はかなり冷え込んでいたが、お天気にも恵まれ暖かい絶好のキック日和。

14チームが3コートに分かれ予選3試合し、

上位8チームがトーナメントへ進める。

しかし、新チームの練習まで手が回らず、何もしてない状態なので勝つ事だけに重点をおかず、

試合のやり方を覚えさすのが本来の目的。

勿論キャプテンもまだ決めていないので、試合毎にキャプテン見習いを決め試合に臨む。

まずは最初の大仕事。    そう  抽選。

初戦は優勝候補筆頭の三先さん。 

7点交代を覚悟して試合に臨むが、予想外にまともな試合をしていた。

欲が出てしまい、勝ちを意識しだした終盤にミスが重なり敗戦となったが、もしかしていい感じかも 

2試合目は高石1区さん

11人制のチームの様で、少しうちの方に分があるかも。

1試合こなした事により、少し緊張もほぐれたのか?

大きな乱れも無く1勝を挙げる。(初戦の特失点差をプラスにもする事が出来た)


全敗で帰るだろうな~との予想だったので、うれしい1勝だった。 

あと一つ勝てばもしかしてトーナメントへ進めるかもしれない。

ここに来て変な欲が出てきた。 

予選最後は南市岡さん

最近の対戦が無いので判らないが、今日の結果を見るとここまで全勝で、中央ガールズさんにも勝利している。

これは手強そうだ。

しかし、蓋を開けてみると判らないもんで、うちの攻撃が上手くはまって得点を積み重ね、

守っても南市岡さんの攻撃が各自の守備範囲内に収まり、ラッキーな展開が続く。

流れはこちらに来ているようだ。


そのまま守りきって2勝目をあげる。

後は順位の発表待ち。

2勝しているチームが多く、何とか上位8チームに滑り込む。


ここから再度組み合わせ抽選。

試合事にキャプテン当番が変わっており、くじ運に期待する。

結果・・・・。


また三先さんとの対戦・・・。

なかなかのくじ運だ。(笑)


今度は一矢報いるつもりで対戦するが、

ここに来て今日はあまり出ていなかったミスが出だし、

返り討ちに。

まあこれは仕方ない所だろう。

まだポジションは決まらないが、色んな形を試し、

4月頃迄には煮詰めて行きたいところだ。


優勝は南市岡さんを下し、三先さんが優勝。

お見事でした。


港南校下スタッフの皆さん、N代表。

大変お世話になりありがとうございました。(^_^)


タイトル画像

北ブロックを再現!・・?

2016.02.09(11:23)

北ブロック大会

北区・都島区・福島区・淀川区・東淀川区の5区の1位と2位の全10チームで争われる大会で、

毎年11月に行われ、


そして、・・・・4年連続雨の為中止となった祟られた大会 (笑)


そこで「北ブロック大会を再現しよう」と下新庄のTさんが中心となり企画して頂いたが、

出場チームの予定が合わずにチームの数を揃えての練習試合となった。


この所大会続きで練習試合が出来ず、個々やチームのレベルアップの為の時間が取れてなかったので、

良い機会だった。
相変わらず怪我人が増えたりして当初のメンバー構成は望めないが、

今ある戦力でやるしかないか・・・。


初戦は淀川区の新高さん

近々参加予定の新人戦に向けて、六年生を外しての新チームで対戦。

取りあえず守備位置を決めて守りに着かせるが、うーん・・・。

初回から失点だらけだが、守れない分点の取り合いで奇跡的に最終回に同点に

追い付き引き分け。

「負けなかった事」だけは少し評価出来るかも知れないが、あまりの滅茶苦茶な試合に途中でめまいがして来た。

これは新チームもこの先かなり苦労しそうだ。

次の対戦は淀川区の東三国さん

次はレギュラーチームの番で試合が始まるが、・・・??

なんか何時もと違うぞ?

試合後O監督に確認すると、全力を出し切らない様に感じた六年生を外したとの事。

(O監督その気持ち良く判ります。) それならうちも新チームでさせてもらえばよかったなぁ。

午前中の予定は終わり、午後から久し振りの北区の滝川さんと対戦。

昨年からちょくちょく練習試合の予定を立てていたが、中々実現せずだった。

守備はそこそこ守れていたが、監督の意図を理解出来ていないのか? それとも出来ないのか?

これでは点数はとれんわな~~。

練習試合ではきっちりと指示を理解し、それにそってみんなが動く、

思いつきや結果オーライでは意味が無い。

どうもそのあたりを勘違いしている様に思うが・・・??

練習試合ながらリーグ戦の順位を決め、隣のコートの同順位と対戦。

1位抜けの都島区の淀川連合さんとの対戦。



淀川連合さんとは市子連での対戦以来で、その時のリベンジを宣言された。

初回に相変わらず精度の悪い攻撃ながらも4点を取るが、マズい守備で失点が止まらない。

集中力が落ちだした様で、連携プレーが噛み合わない。

攻撃も当たりが悪く、寒い内容だった。


守りを重視すれば攻撃が噛み合わない。

練習試合で悪い部分が出るのは良い事だが、この修正が難しいんだなぁ~。

対戦させて頂いた各チームのみなさんお疲れ様でした。

また今回も大会の再現に奔走して頂いた下新庄Tさん並びお手伝い頂いた皆様ありがとうございました。 

タイトル画像

第8回 玉造キックまがたま杯

2016.02.01(11:09)

先週の惨敗から1週間。

体調不良や怪我等でなかなかレギュラーメンバーが揃わない。

永年やっているとこんな時期もあったと思うが、どうも今期は多い気がする。


次のチーム構成も考えながら実戦で試して行かなければならないし、

現チームの勝ちも優先させないと行けない。

端から見てる程簡単ではない。




さて、第8回玉造まがたま杯

第8回 まがたま杯


この日は久しぶりに寒さも緩み、お天気には恵まれた。

前日の雨の影響で少しグランドが緩いが、徐々に回復するだろう。

8チームがA・Bの2コートに分かれての予選リーグ。

うちはBコートの公園グランドに移動となったが、日当たりも良く条件は抜群。


第1試合

中央ガールズさんとの対戦。

前日に組み直した守備だが、当日に体調不良で欠席が出た為、

再び修正したが、それがどこまで誤魔化せるか?


思った程は崩れずに、何とか形にはなっていた。

この所試合での失点の多さに危機感を持ち、

守りに重点を置き、前日もさほど蹴る練習はしなかった為か?

得点力が乏しい。

それでも相手に点をやらなければ良いので、まあまあ理想的な勝ち方だった。


第2試合は初対戦の中大江さん

予選での試合を少し見せてもらい守備の穴は把握した。

うちの打線程度でも得点はまずまずとれそうだが、結構蹴る子が居ており

心配な外野の守備から目が話せない。

やはり立て続けに外野を破られ初回から4失点する。

その後は少し学習出来た様で、失点を抑えてコールド勝ちで切り抜けたが、

この失点は少し注意すれば取られなかった点数だろう。


最後は塚本さんとの対戦だが、

塚本さんはうち以上に欠席が多く、途中で体調不良の子も出て

とうとう10人を割り中央Gさんからレンタルでの試合となった。

急な欠場は仕方ないが、大会に人数不足で参加するのは辛いものです。

H監督、心中お察し致します。


予選3勝で目標にしていたBコートの1位抜け決定。

(2位通過だとおそらく1位で抜けて来る可能性が高い波市さんと当たってしまう)

そんな訳で、予想通りにAコート2位の玉川さんとの対戦。


玉川さんとは今年最初の大会で顔合わせしているが、Bチームとの対戦だったので、

これが本当の初対戦。 

お互いレギュラー落ちながらどんな展開になるだろうか?

ちょっと楽しみ。 

あれこれ手を尽くし揺さぶりをかけ得点を取るが、流石M監督率いる玉川さん、

上手く取り返される。

お互いの采配をよく知る相手だけに気が抜けない。 

リードを奪いこのまま逃げ切りたい所だが、やはり心配していた弱点を見つけられ失点をする。

それでもお互いギリギリの攻防が続くが、最後は1点届かず敗戦。


まあ敗れはしたが、そこそこいい試合は出来る様にはなったと思う。

只、これが続か無いのが一番の難点か?。

後一歩が届かない。

「レギュラー落ちだし仕方ない」と思うか?

「まだまだこんなもんじゃない」と思うか?

それをみんながしっかりと考える必要がある。



決勝戦は玉川さんと波市さんの激戦。

やってる方は大変だったと思うが、最後のスリーアウトになるまで、目が離せないすごい試合だった。

波市さんがサヨナラ勝ちで激戦を制した。 


おめでとうございます。 


玉造校下子ども会並びに大会役員の皆様

当日は大変お世話になりありがとうございました。

見事な運営に一日有意義に過ごすことが出来ました事、感謝いたします。



2016年02月

  1. こんな所で試合(02/18)
  2. 第5回 港区 港南校下なでしこ杯(02/12)
  3. 北ブロックを再現!・・?(02/09)
  4. 第8回 玉造キックまがたま杯(02/01)