大和田ドリーム杯

日曜日に西淀川区で行なわれた、

大和田ドリーム杯にお邪魔させていただきました。

今回が初めての参加。(昨年もお誘い頂いたのだが、地域行事と重なっており辞退しました。)


河川敷のグラウンドに全20チームが集まり、4コートに分かれての予選リーグが行われた。


予選は2試合で、初めて見かけるチームがたくさん居られ、どこと対戦出来るか楽しみ。


しかし、初戦は同じ区の和さん・次も同じ区の小松さん・・・。

なんでやねん!! 

和さんは急な欠席で、組合せが変更となったが、同区の対戦にはもう少し配慮が欲しいなぁ~。 

最初に小松さんとの対戦。

小松さんは本日メンバー不足の為、急遽塚本さんからの助っ人を入れてのチーム編成。

先日の上町杯でも苦しめられたエース級の3人が助っ人。 

贅沢な助っ人である・・・。

試合が始まり、先日の上町杯での良いイメージで試合が進むものだと楽観視していたが、

どうも様子が・・・。

守ってはエラーの連発、攻撃も訳の解らん事ばかり、走塁も前を見ずに走り

一つの塁に二人が重なるという失態ぶり。

「いい試合の次にぐだぐだの試合をする」、というのがこれまでにもよくあったのだが

僅か4日程前なのに、全く別人の様なチームになっていた。

どうも今日は、そっくりさんを連れて来てしまった様だ。


あまりの酷さに途中で帰ろうか?と思ったが、まだ来たばかりなので、

何とか踏みとどまる。

かろうじて最後に引き離すが、冷や汗ものだった。


試合後そっくりさん達を集め、緊急ミーティング。

「予選もう1試合は我慢して付き合ってやるが、

また同じような内容なら、予選通過しても辞退して帰る」と


2回戦の相手は初対戦の高見子ども会さん

少しは考えて試合をするようになったが、これでは決勝トーナメント

正直勝ち進める気がしなかった。

トーナメント1回戦は、この前も対戦の機会があった大和田SMGさん

緊張感を持たせる為に塚本さんを真似て、ほぼ新チームのメンバーで対戦。 

試合経験の少ない子達の緊張感がベンチにまで伝わってきて、

いい感じで試合が出来た。

準決勝は塚本さん。

新チームの構成ながら見事に勝ち上がってこられており、来期も苦労をさせられそうな予感が・・・。

うちも同じメンバー構成で対戦を・・・、

そんな無謀な事は出来ない(まだまだレベルが違いすぎる。)


ここまできたら決勝戦に進む為、遠慮なくフルメンバーで対戦させていただいた。 

勝って当然ながら、余裕で勝った感が無い、今日のそっくりさんチーム

決勝戦はこれも先日の大会で対戦した、高殿南さん

今日最大の難関である。 

試合前に各チームの選手紹介。 (控え選手の名前も呼んであげて欲しかったです・・)

この頃になり、やっとそっくりさんチームからご本人登場


先日の対戦で相手チームのデータは大体把握しており、この前よりは戦いやすかった。


調子が悪いなりにそれなりに試合を運べるように子供たちも順応してきており、

最後まで我慢の試合で無事守りきり、出来すぎの感じもある優勝で幕を閉じた。

何故これが最初から出来ないのか??

不思議なチームだ。



今大会の最優秀選手は、朝から怒られまくり、少しへこみながらも最後に復活してくれたRIKU

おめでとう









今大会でお世話になりました、大和田SMG関係者の皆様

朝早くから遅くまでの大会運営お疲れ様でした。

何もお手伝いが出来ず申し訳ありません。

また、この次も参加させていただけるよう、今後ともよろしくお願いいたします。


















第8回上町杯

今回もお声を掛けて頂き、第8回の上町杯に参加させていただきました。

CIMG7484-1.jpg


朝早くから準備に奔走されていた中央Gの関係者の皆様、T監督様・三先子ども会N総監督様

大変お世話になりありがとうございました。

この日の予報は午後から夕方にかけ 雨。

その為、早く試合を始めたいとの思いで、各チームとも早く集まるのでは?

そう考え早くに出発した、

一番乗りだった・・。      早すぎたかな??  




全8チームが集まったところで抽選があり、


予選は4チームずつA・Bコートに分かれての総当り。

上位2チームが決勝トーナメントへと進む。

初戦は必ずここで対戦している気がする? 港区の強豪三先子ども会さん

次に、この前の秋季大会でも対戦頂いた大和田SMGさん

最後には数日前の秋季大会決勝戦での惨敗の記憶も新しい、

波に乗っている塚本連合さん

塚本さんは前回の上町杯の優勝チームでもありV2を狙ってきている。




予選はお互いに2勝で決勝トーナメント出場は確定している。

塚本さんはメンバーを大幅に入れ替えての新チームのならし??

うちはベストメンバーで望むも凡打の嵐で最終回まで0行進。

このまま完封負けも頭によぎるが、決勝トーナメントに悪影響が出そうなので

何とか知恵をしぼり、子供たちもここで意地を見せて同点に追いつきゲームセット。

引き分けだったが実質の負けゲーム。 

午後からの決勝トーナメントでの再戦に期待し昼休憩。

この頃から雨がポツポツと降り出してきた。

各チームの監督が集まり、続行の確認をして準決勝がはじまる。


対戦相手は、市子連で引き分けたまま、決着のついていない高殿南さん

試合が始まると心配された雨も何とか少し降っただけで収まり、気合が入る。

堅い守りの高殿南さん相手に後一歩が崩せず苦戦するが、

毎回何とか1点ずつでも奪えたのがよかったのか、最終回まで無失点。

このまま終わるか?

しかし、1アウトを捕ったところでいつもの悪いパターン・・・。

エラーからランナーを出し、1・2塁となりもう一つアウトを取るが、

2アウトで満塁

ライトへの飛球でゲームセットかと思ったが、まさかのライトの頭を越される。

満塁ホームランか? と思われたが、なんとか3塁打で抑えた。 

その後、もう1点追加されたが何とか逃げ切りゲームセット。

最後の最後で気の緩んだ様な試合となり残念だったが、


それでもここまで来れただけでも、最近のチーム状態なら上出来かも知れない。


決勝戦は予想通りに生魂さんとの試合に勝ち上がってきた、塚本さんとの対戦。

今日の塚本さんの試合を見ていると、いつものように破壊力のある打線に加え、

ひょうひょうと慌てずにみんなが守りをこなしているように見え、簡単には勝てそうに無い。

せめてうちの打線が目覚めてくれれば少しは面白くなるのだが、



この日、朝から子供たちに話していたのは、

「まず守りをしっかりとやりなさい、二桁も失点するような試合はまず勝ち目は無い。」

取られても5点までに抑えなさいと。

ここまで何とかその通りに来ているが、まだまだチームのまとまりに欠ける。


決勝戦では少しずつそんな不安も消えて行き、緊迫したいいゲームを久し振りに見ることが出来ました。

この所感じられなかった、子供たちの勝利への執念がチームのまとまりに繋がったように思います。

この所悔し涙ばかりだった子供たちの目には喜びの涙が光っていました。

試合後に応援頂いた保護者の皆さんに挨拶をと振り返った時には子供たち以上に涙する姿が見られ

一瞬言葉に詰まりました。



想えば・・・・、


6月の区大会以来の優勝で、子供たちの頑張りがやっと結果として現れた事の感動もあったが、

「練習は嘘をつかない」と信じてやって来た事、

それを信じ決して休まずに付いて来た子供たちにその事を証明できた気がした。

ホッとして、少しだけ肩の力が抜けたような安堵感がありました。


その後のこれも久し振りの祝勝会でのお酒の味は言うまでも無く格別のもの
でした。


CIMG7498-1.jpg    CIMG7491-1.jpg
みんな良く頑張りました。  MVPの RINKA

















交流委員会秋季大会決勝トーナメント

雨で延期となった交流委員会の秋季大会が1週間後の日曜日に行なわれました。

残念ながら私は仕事の為、総監督並びにコーチ陣にお任せしました。


詳細は仕事を終え駆けつけた決勝戦終盤からしかわかりませんが、

やはり実力通りに、塚本連合さんの圧勝で幕を閉じました。



途中まではいい試合だったのに・・・と、会う人会う人に言われました。

確かに、駆けつけた時に目にした光景は、赤いユニフォームがグランドを走り回っていました。


なんか、タイミング悪っ!! 




今回は指揮をお任せしており、試合途中からベンチ後方より静かに見守らせて頂きました。



試合を一歩引いた立場から気楽に見させてもらい、改めて全体の修正ポイントがよく見えました。

今後に向け当然修正しなければならない、と思っているのだが、本人達は解っているのだか??・・・。

















第32回北ブロック大会

今年の北ブロック大会は、北区が開催担当で行なわれました。

思い起こせば5年前、

初めて北ブロック大会に監督としてここ扇町小学校に来た。

その時に初優勝した思い出の場所でもある。


前日が小学校の25周年式典と重なり、練習が出来なかった。


そんなこともあり、大会の開催が9時半と遅い為、

少し練習をしてから行こうと思い6時40分集合で、

まずは 神社へ子供たちと優勝祈願へ。

CIMG7459-1.jpg


その後1時間ほどアップなどを済ませて会場へ、

ゆっくり出たつもりだがそれでも開会式までまだ、小1時間ほどある。


そしてうちは第3試合からなのでまだまだ時間が・・。


やっと試合が始まったのがお昼前・・・・。

いやー長かった。 

残念ながら今回の大会は、初の1回戦敗退となった。


一番の敵はこの待ち時間だったようだ。 



CIMG7466-1.jpg  CIMG7482-1.jpg


大会ではみなさんから沢山の応援を頂き、また色々と差し入れなどもしていただき有り難うございました。


朝から終了まで審判のお手伝いをしていただきました

小松連合M総監督様ありがとうございました。



皆さんの期待に応える事が出来ずに申し訳ありませんでした。





一番悔しく思っているのは試合をしていた子供たちだったと思います。

この悔しさを今後につなげてくれることを期待しています。


今後とも大道南連合KBCの応援をよろしくお願い致します。



















東淀川交流委員会 秋季大会

11月6日 前日からの雨も取りあえず朝には上がっていたが、

まだ雨が降るとの予報。 

そんな中、グランドの確認に早くから集合していた役員からのGOサイン。

やっぱりやりますか・・・。


東淀川区の交流委員会主催の秋季大会が行なわれた。

初めは東淀川区の数チームだけの参加だったのが、

今回は区大会と同じ東淀川区から12チームの参加と他区から8チーム参加の全20チーム。

やはり昨日からの雨で所々ぬかるみ状態、役員総出で懸命のコート整備で何とか開始時間に間に合った。

しかし、時折気まぐれのような雨が・・・。

チーム数が多く2会場での開催となり、すぐ隣とは言え行ったり来たりで朝から汗だく。

試合が始まる前にはもうすでに一日働いた気分だった。 


予選Dコートで海西さん九条北さん、同じ東淀川区の大桐さんの3試合。

1試合目2試合目と勝ち進むが、点差が開いて気が緩むのか?

試合内容は決して良くない。

あまりにも基本として教えている事が出来ていない。

本気で優勝しようと思うのなら、今のレベルでは難しい。

一人一人がちょっとでも意識を変えないと・・・。


予選最後は6年生を外し新チームのメンバーを投入。

現在レギュラーで試合に出ている子が半分いてるので、どんな試合をするか楽しみでもあった。

控えの子も全員出場させ、所々ばたばたした場面もあったが、まあ今の時点ではこんなもんだろう。

予選が終了し決勝トーナメントに移ろうかという時になり本格的に雨脚が強くなり、残念ながら中止。

何とか今日で終らせたかったが、この状況では仕方が無い。

2週続けて、雨にやられた。 










カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

大道南連合 K・B・C管理人

Author:大道南連合 K・B・C管理人
大阪市で活動している大道南連合KBCというキックベースボールのチームです。気が付けばどっぷりとはまってしまい、抜け出せそうにありません。(>_<)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク