タイトル画像

10月の予定です

2011.09.26(22:07)

10月の予定です。   やっと涼しくなって来ました~。 

29日の予定に変更があります。
22日の予定変更:練習試合が入りました。

10月1日(土) 運動会前日の為??   練習はありません  

10月2日(日) 大道南小学校運動会   キック部の子ども達の活躍を期待しております。 結果を気にせず全力で

10月8日(土) 練習試合 午前のみ 集合:8時(低学年は8時半で)

10月9日(日)   第7回キック部焼肉大会   会場:淀川河川敷広場 開催は午後より
          午前中は河川敷で練習です。

10月10日(月・祝) 午前のみ自主練習 自由参加です。

10月15日(土) 中庭練習 午前のみ 集合:8時半 全部員 雨天の場合は体育館で練習。

10月16日(日) 第2回清原記念キック大会 出発:6時半の予定 選抜メンバーのみ
          雨天の場合体育館で午前のみ練習。(大会メンバーのみで他自由参加)

10月22日(土) 練習試合(大道南小) 午前のみ 全部員 集合:8時 雨天の場合体育館で練習

10月23日(日) 遠征練習試合(A・Bチームとも試合予定)全部員 集合時間:詳細は後日

10月29日(土) 調整中です。 午前の練習はあります。全部員 

10月30日(日) 第21回旭区親善秋季大会 選抜メンバーのみ 集合:7時 7時15分出発 自転車で移動します。  





  





タイトル画像

第2回和杯  nagomihai

2011.09.25(23:31)

第2回和杯に3連休の初日となる23日に参加させていただきました。 

参加チームは各地区からの参加で全9チーム

A・B・Cのグループに別れ、予選リーグを行う。

うちの最初の対戦は大和田SMGさん

対戦毎に着実に力が着いて来ているのを感じ、

いつ追いつかれるのかハラハラしながらの対戦でした。

続いては中央ガールズさん

以前、中央さんのホームでやられたイメージがあり、気が抜けない。

それでも、まだ予選リーグ・・・。

各チームともそうだろうが、決勝トーナメントへ向け

いかに手の内を隠して勝ち上がるかの駆け引きが始まっていた・・・。

レギュラーの一人を怪我で欠きながらも、幸いにも守備が比較的安定していた為、

本日2勝目となり、トーナメント進出決定。

そして決勝トーナメントの1回戦は、市子連以来の対戦となる、

茨田南さん

当然、市子連のリベンジに来るものと覚悟し

気合が入る。


強力打線の茨田南さん相手に手の内をさらさずに勝つのは至難の技。

何とかリベンジを阻止できたが。

打線の不調が気がかりだ・・・。

3位決定戦の後、いよいよ決勝戦塚本さんとの対戦。

うちの先攻で始まるが、一向に攻撃の精度が上がってこない。

そこへ一本蹴れれば、点数が入るのに・・・。

そこへ転がせばセーフやん??

好調時には簡単に出来ていた事が一向に出来ない。

初回1点のみ。

塚本さんの攻撃、テンポ良く2アウトを取ったところでホッとしたのか?

レフトのまずい守備も有り、外野の間を抜けてのランニングホームランで同点。

うちの攻撃だが、やはり打線が不調で全く繋がらない・・・。

1点を取るのがやっと。

このまま、接戦に??

そう思ったのも束の間、やはり当たっている塚本打線に火が点いた。

2回に4失点し3点差となる。

普段ならこの位の差は何とかなるが、

小技も大砲も全く冴えず、

タッチアップさえ出来無い残念な内容で

打線は湿る一方。

そのまま、塚本さんに逃げ切られた。


こんな状態がいつまでも続くとは思わないが、

ここしばらくの全体的な不調が気になった。


和関係者のみなさま

大会運営にあたり大変ご苦労があったと思いますが、

各チーム指導者達も熱くなりながらも、終始楽しく過ごせた一日でした。

またの開催を楽しみにしております。

ありがとうございました。












タイトル画像

選抜とは??

2011.09.25(22:38)

今回大会への参加にあたり

選抜メンバー選びでごたごたがあり、子供たちには要らぬ気使いをさせてしまい、

大変申し訳ありませんでした。

普段大会などへの参加には選抜メンバーを私の独断で決めている。


実力勝負の世界だからつらい仕事だが仕方が無い。

チームのために、試合毎に今現在必要な選手を連れて行く。

引率の関係もあり、皆連れて行くわけには行かないし、

好き嫌いなんかで決めている訳ではもちろんない。

学年を飛び越え選抜に選ぶ場合もある。

そうすると、選ばれない子が当然出てくるのだが、

「選ばれない子がかわいそう」そんな意見もあるようだが、

あえてその区別をつけたいと思っている。


普段の練習でも、みんな平等にチャンスは与えている。

たとえば練習で 「ボールを10回蹴りなさい」というと、

とりあえず皆、10回は蹴る・・・。

しかし、その内容をあまり気にしていないように思う。

失敗しようが、上手く蹴れようが10回は10回。

失敗で終った子の10球は練習にはなっていないと思う。

上手く蹴れて5球で終った方がましだろう。

また、注意点を与えた時がたまたま10球目で、説明は聞いたが試さずにそのまま終る子も多い。

次に蹴る時はおそらく覚えていないだろう・・・・。

これまでも伸びる子は、やはり人より練習をしている。

失敗したら「ごめんもう一回だけ蹴らして」なんて言って納得いくまで練習していた。

休憩時間に入ってもよく、指導員を捕まえて練習台にさせられていたし、

質問も多くぶつけられた。

最近の子は、これが解らないので教えてください、そんな質問をする子は皆無。



選抜メンバー(レギュラーメンバー)に入る人には、

レギュラーメンバーよりも練習をしないと追い越す事は難しいと思う。

これは練習量も必要だが、練習に対する意識だと思う。


普段のそのちょっとした意識の差が必ず出てくると思っています。

そうやって伸びてきた子を何人も見てきているので、

努力を惜しまず頑張ってください。


タイトル画像

第25回大正区親善大会 決勝リーグ編

2011.09.21(00:33)

昨日の予選リーグを勝ち上がり、(しかも1位通過のおまけ付き)
本日は決勝リーグ戦
昨日の予選から24チームが残った。

心配されていたお天気も何とか持ちそうで
3チームずつが8ブロックに別れての総当りでリーグ戦を行い
ベスト16を決め、トーナメント戦へと進む。

まずはブロック分けの抽選。

嫌な予感はしていたが、
まさかのまたまた阪本フレンズさんとの対戦・・・。

お互い昨日の試合で手の内を見せているので余計にやりにくい。
昨日は結構ミスが多く点の取り合いとなったが、
今日は中々点が入らない緊迫した展開。
その均衡を阪本フレンズさんが破る。
1点先制される・・・。
しかし、その後すぐに同点とするが、
うまく攻められ、また追加点を許す。
昨日によりも守りがしっかりと出来ており、大量失点はしそうに無いので
攻撃の組み立てに集中する。
ランナー1塁2塁でキャプテンの打順に回る。
最悪でも1点をとれる様に指示をするが、キッカーサークルへ立つと微妙に外野の守備位置が変わった。
しっかりそれを見逃さず、キャプテンのナイス判断でセンターオーバー
スリーランホームランで逆転。
その後の守りも皆が良く集中しており、問題なくスリーアウトで試合終了。

相変わらず攻撃の精度が悪く、思うような展開には持って行けないが、
守りの意識がまとまっており、この調子なら良い所までいけそうな気もしてきた。
次に勝てば、久し振りのトーナメント戦へ進める。

続いては、住之江区の平林エンジェルズさん

こちらもお世話になっているチームで、朝一番に監督さんにお会いして挨拶を交わしたこともあり、今日は対戦しそうな気がしていた。

エンジェルズさんは本日、主要ポジションのレギュラーが3人抜けとの事で、問題なく勝てる筈だが、勢いに乗せると長打力があるチームなので、気が抜けない。

試合が始まり、相変わらず攻撃の精度が修正できないが、
下位打線の活躍などで、得点を重ねる。

終盤に差し掛かったところでアクシデント発生
相手キッカーの蹴った球が前1を強襲

それ自体はとっさにはじき返し後方への小フライとなる。
いつもならそのまま落ちてヒットとなるのだが、
みんな普段あまり見られない位にボールに集中していた。

ショート2塁手がほぼ同時にそのボールに反応した。

そして激突。

痛そうな顔をしていたので、タイムをかけようとするが、気丈にも「大丈夫」との事。
ホッとしてそのまま試合を進め、試合終了。

しかし、試合後2塁手の子の指が腫れて来ているとの報告が入る。
あわてて確認すると、見事に腫れている・・・。
ただの突き指であって欲しいと願うが、折れている可能性が高い。
トーナメント戦に進めたが、ここでレギュラーの一人抜けは確実。

急遽ポジション変更をしなければならず、丁度お昼休憩の合間に守備練で試してみるが・・・・。
急な変更なので旨く機能するかは疑問だが仕方が無い。

トーナメント戦は再抽選で西都島さんとの対戦が決まる。
今季初対戦で、どんな仕上がりなのか?
予選コートが離れており、まったく見ていなかった。

決勝トーナメント
うちの先攻で始まるが、上位打線が大ブレーキ
それでも守備が安定しているので、
こつこつ点を取りに行こうと計算していたのだったが・・・。
ライトオーバーの一発を浴びた所から歯車が狂いだした・・・。
これまで安定していた内野の守備が突然乱れだした、
その乱が全体に連鎖しだした。
途中タイムをかけるが短時間では修正できずに失点が続く。
8点差が付いてしまった。
しかし、このままでは終われない。
一時の動揺はあったが、みんなまだまだあきらめていない。
最後の攻撃。
満塁まで何とかこぎつけた。
当たればでかいが、この所あまりいい当たりが出ていない5年生の打順。
期待を込めて勝負に出る。
その期待に応えてくれ、
会心の当たりでセンターオーバーの満塁弾
久し振りに手応えのある一発だった。
残念ながらここまでの反撃だったが、
上出来の2日間だった。
まだまだ修正して行かなければならない事は多いが、少し成長のあとが見られた試合でした。


大正KB連の皆さま、今大会もお世話になりありがとうございました。


たくさんの保護者の方々や学校の先生まで応援に駆けつけてくださり
ありがとうございました。

残念ながら、ベスト16という結果でしたが、
この2日間は、きっと、戦った子供たちを一回り成長させた様に思います。

まだまだ上を目指しますので、より一層の応援、よろしくお願いします。




⇒第25回大正区親善大会 決勝リーグ編の続きを読む
タイトル画像

第25回大正区親善キックベースボール大会 予選リーグ編

2011.09.20(20:53)

18日の日曜日に大正区での親善キックベースボール大会がありました。
CIMG7254-1.jpg CIMG7257-1.jpg CIMG7252-1.jpg

第25回大会という事だが、

私が監督を務めてから毎年参加をさせていただきながら、

ここ最近では予選落ちが続き、いい結果が残せていない。


今年のチームは、少し期待ができるかも?? と思っていると

練習試合等ではがっかりさせられる事が多い。

それでも、大会では意外な力を発揮する。


予選と決勝リーグの2日に分けての大会の為、

まずは予選を勝ち残らなければならない、

大阪府下からも9チーム参加で、

文字色全34チームが6ブロックに別れ予選3試合の結果で決まる。

抽選の結果。

初戦は初めて対戦の和泉市の阪本フレンズさん

普段11人制での活動をされているそうで、前日に10人制用の練習をしての参加との事。

しかし、不慣れとは思えないようなスピードのある攻撃や、内野のすばやい動きなど

いきなりの強敵の出現にピンチの連続。

思い通りの攻撃が出来ずに2点差最終回

久し振りの本気の勝負にピンチながらも楽しくて仕方が無い。

みんなが必死で小技などを取り混ぜ満塁にし、ここまで不振の4番に繋げる。

最後は「全て任せた」と一発を狙わせる。

見事にその期待に応えてくれ、

レフトオーバーの逆転満塁サヨナラホームラン

そこで感激ムードで終了のはずが、何故か試合が続く・・・??。

得失点の関係か?? と思っていたが、

関係なかった様で良く解らない終り方だったのが少し残念。

次の対戦はいつもお世話になっている今川連合さん

今日はメンバーが揃わず、10人丁度との事。

1試合目の勢いで行きたいところだが、今日は打線が不調・・・。

思い通りの攻撃が出来ずに苦労する。

用事の為、2試合目からレギュラーの一人が抜けたので

ポジション変更もしなくてはならず守りも不安だったが、

想いの外、交代で出た選手が良く守っていた。

これで2勝で予選通過はほぼ確実。

しかし、気を抜かぬように子供たちには黙っておく。

最後は港区の市岡子ども会さん

予選通過が目に見えたので、ここで控え選手をスタメンに使い試合に慣れさせる。

かなり緊張している様だが、ほぼ合格点の内容で予選リーグ全勝で終了し明日へ繋げる。



決勝リーグ編につづく。











2011年09月

  1. 10月の予定です(09/26)
  2. 第2回和杯  nagomihai(09/25)
  3. 選抜とは??(09/25)
  4. 第25回大正区親善大会 決勝リーグ編(09/21)
  5. 第25回大正区親善キックベースボール大会 予選リーグ編(09/20)
次のページ