タイトル画像

井高野さんに練習試合へ

2008.05.17(23:42)

今日はお昼から井高野さんに練習試合へとお邪魔することになっている。34
同じ東淀川のチームで交流のある数少ないチームの一つである。
東淀川区には十数チームあるのだが、全く他チームとは交流が無い。
練習試合の呼びかけにも答えてくれない・・・・。
連絡先もわからない・・・・。
非常に残念である。絵文字名を入力してください
午前中に子ども達を集め、グランドが使えない為、体力アップをめざしたメニューを中心にこなす。
太陽少しずつ気温も上がってきており、少し動くと「お茶飲みた~い!」の連発である。
もう少しハードなメニューをやりたいが、倒れられても困るので、予定の3分の1程度でお茶を濁す。
(そこら辺のさじ加減が難しい。)
お昼頃に練習を終了しおにぎりお弁当タイム!

食事が終わりちゃりんこ。自転車にて井高野さんへと向かう。
昼からますます暑くなってきた。太陽
久し振りに井高野さんとの顔合わせ。
CIMG0539.jpg

巷のうわさで耳今年、区大会に向けかなり気合が入っているとの情報が・・・・。焦り
出発前に子ども達を集め、「気を引き締めて、試合に挑む様に」との心構えを伝えた。
現地に到着して挨拶を済ませ、軽く守備練習の後いよいよ緊張の試合がスタートした。
と思ったら、まるで緊張感は無いようだった・・・。おい
CIMG0541.jpg

先攻を選び1回表の攻撃、先頭キッカーがまず出塁し2番も続く。
しかし、スランプ続きの主砲がこの日も不発で、その上走塁ミスが多く
この回3点で抑えられる。
守りの方でもつまらないミスが多かったが、何とか0点で切り抜け完封勝ち。
しかし、走塁のミスやちぐはぐな攻撃が目立った試合だった。
少しの休憩を挟み、2試合目。
先攻の井高野さんの攻撃を0点に抑えて、うちの攻撃に。
1試合目と違うパターンを試したくて指示するが、
各自がその指示の意図がわかっていない。怒・怒・怒
なぜそうするのか? その時に走者はどうするのか?等々・・・・・。
それでは、勝てるはずも無く、最終回に同点とするのがやっとで、
2試合目かろうじて引き分け。
かなり暑くなってきて、少しバテ気味??
しかしせっかくなので最後の試合を行うことに。
うちの先攻で試合が始まるが、井高野の子ども達も3試合目で守備も安定しだし
なかなか得点が奪えず、接戦が続く。
うちも少し守備のリズムが戻り、初回の失点のみで後続を断ち切りゲームセット。
沢山の課題を残しながら、再びちゃりんこ。自転車で帰路に着いた。

井高野連合の皆さんお世話になり、ありがとうございました。ニコニコ
CIMG0543.jpg

区大会では、お互いに頑張りましょう!ファイト









タイトル画像

港区へ練習試合

2008.05.12(23:48)

5月11日(日)磯路子ども会のU監督にお声をかけていただき港区へ練習試合にお邪魔した。
前日からの jumee☆rain も朝方まで降り続いており、半分中止かと思っていた。 絵文字名を入力してください
朝早く起き、窓から表を見るが水溜まりが永遠と続く・・・・。
これは今日無理かも??でも午後から天気が回復すると言ってるし・・・??
場所が近くなら見に行ってるところだがそうも行かず、あまり早くにjumee☆phonecallL電話も出来ないし (>_<)
ぎりぎりまでがまんしU監督に確認の電話を入れて見る。
「現在グランド状態の確認中のためもうしばらくお待ちください」との事。
しかし、すぐに連絡を頂き「予定通りに開催します」との知らせが。(^^)v
引率者の方々に、「予定通りに出発します」と連絡をいれ、
まだ小雨がパラパラと降る中、港晴小学校を目指し出発。
道も空いており、すんなりと迷うことなく到着。
港晴スタッフの方々と挨拶を交わし、車を止めさせていただいた。
「今、グランド整備中なのでうちの体育館でアップしていて下さい」と、言っていただいたので、
「グランド整備を手伝いますと」申し出たのだが、「大丈夫です」とのありがたいお言葉。
素直にその言葉に甘えさせていただいた。いひひ
しばらくして、すぐ側の入船グランドへと案内していただいた。
所々さすがにぬかるんでいるところもあったが、見事に整備されていた。わぁ
(本当に大変だったと思います、ありがとうございました)
しばらくしてチーム分けのキャプテン抽選があり、Aコートでの試合となった。
初っ端は、思わずなんで?? と言いたくなる様ないつもお世話になっている、
天王寺区の聖和子ども会さん聖うちわ
朝、挨拶に寄せていただいた時に、聖和さんから「人数が足りないので、何人か貸して欲しい」との事だったが、そうも行かなくなった。

聖和さんとの対決、今季はつ対戦ながらもお互い手の内を知っておりとてもやりにくい。 汗;
先攻で始まり、幸先よく2点を取り、課題の守備でも0点に抑えてきた。
「おっ、今日は、いいかも??」と思っていたが。
2回・3回の攻撃で無得点に抑えられた辺りから守りのリズムが乱れだした。
簡単に取れるようなアウトが取れない。
明らかに外野までは飛ぶはずが無いと思うキッカーが立ってもまるで守備位置を代えない・・・。
キッカーの立ち位置からまず蹴れるはずの無いところを平然と守っている・・・・・。
等々、挙げればげればきりが無い。 怒・怒・怒
それもチームを引っ張らなければならない者達が気づかない??
それとも解っているのに指示が出させない??
いずれにしろこんな調子では、どんなチームと対戦しても結果は見えている。
同点で迎えた最終回、2アウトまで行きこのまま引き分けか?
と思ったのもつかの間、さよなら負けで1試合目が終わった。
次の対戦は滝川さん、レギュラー2人が怪我の為に急遽外野を守らせた4年生には荷が重すぎた様で大量失点でゲームセット。
弱いポジションを狙うのは、セオリー通りだと思う。
初めのうちは、ベンチからあれこれとポジションの指示を出していたがだんだんめんどくさくなってきた。
不慣れなポジションを守る4年生に対して周りから何のフォローも無い!
どうなっとんねんこのチームは!!
2試合が終わりちょうどお昼で、食事にしよう!と思い帰りかけたところに、
「もう1試合連続でしてください!」食べたい
という悲しいお知らせが・・・・。
初対戦の八幡屋さんともう1試合。
ピリッとしない子ども達に、「この試合に負けたら昼抜きや!」と宣言!
どこまで本気にしていたかは疑問だが、1・2回と0点に抑えて来た。
しかし、不調の打線が1点しか取れず緊迫したゲームが続く。
3回の八幡屋さんの攻撃、守備の緊張が途切れたのか?
一人がミスをすると順番にみんながミスをしていく負の連鎖が始まった。
ここ最近、このパターンが続く。(しかも2アウトからが多い)。
7点を取られ、お昼ご飯が駆け足で逃げていく。 はしる
その裏、少し攻撃がつながり4点を返し、2点差まで持ち直す。
最終回、再び0点に抑えていよいよ最後の攻撃。
「3点取らな、お昼なしやで!」ともう一度。
流石に冗談ではなさそうな雰囲気を感じたのか?
逆転し、サヨナラ勝ちで おにぎり昼食にありつけた。
これで、前半の予定が終了。
太陽天気もすっかり回復し、暑くなってきた。

後半へ続く・・・・。




タイトル画像

港区での練習試合その②

2008.05.11(00:04)

昼食の後、「午前中に対戦をしていないチームと練習試合をしましょう」との事で、
港区の港晴さんと練習試合をしていただく事になった。
来る前まで「今日のメンバーで何試合勝てるか?」と、試すつもりで挑んだが午前中の試合を見て
方針を変更した。
各自のワンプレーに注目して、攻撃では指示通りに出来るか?
サインプレーを理解しているか? などに注目した。
やはり出来る者と、出来ない者との差がハッキリと出る。
この差を縮めて行かなくては、強豪相手には厳しい。  ><
港晴さん相手に初回4点を入れるがすぐに同点・逆転とされ
そこまで。
それから1試合審判をして、そろそろいい時間になって来たので、
帰ろうか?と思っていた所に「もう1試合しませんか?」
と声を掛けて頂いた。
しかし、先ほどの試合の後、1試合ほど空き時間があり、
その合間に子ども達はすっかりお疲れモード。
完全に爆睡状態の子も・・・・。キャハ
そんな状態なので、一度お断りしたが、「せっかく来たのでどうぞと」・・・・・。
一応子ども達に聞いてみると二つ返事で「やりたい!」と・・・・。
ほんまかいな??
そんなわけで最後、磯路さんに練習試合をお願いした。
しかし、そんな寝ぼけた状態で、対戦できる相手ではない。
初回、無得点で終わりその裏4失点。 (やっぱり、やめときゃよかった)
それで目が覚めたのか? 0点で抑えてきた。
攻撃も1点差に詰め寄るうれしい誤算、
しかし、もう1点追加され再び離される。
が、まだ手が届くところ磯路さんの背中が見える。(ワクワクして来た!)
ここからが采配のふるい甲斐があるというものだ! ニヤリ      
しかし、再び眠りに入ったのか?
つまらないミスからの大量失点で、せっかくのゲームをぶち壊しに・・・・・。マジですか
あーあっ、やっぱりな・・・・。
こんな展開で、子ども達のテンションを上げてやるのが今後の課題だろう・・・・、

当日お世話になった港区の関係者の皆様、本当にありがとうございました。



タイトル画像

大道南にて練習試合 ②

2008.05.01(16:16)

本日4試合の予定で残すところ後2試合。

昼食の後、海老江東さんとの対戦。
海老江東さん


残念な事に今日は子ども達のやる気が見えてこない。絵文字名を入力してください
みんながただ試合をこなしているだけである。
普段、練習試合は勝ち負けにこだわらなくてもいいから、
課題を持って今日は何をしてみるのか? 練習でしている事が出来るか?
それが大事だと教えている。
しかし、練習試合と言えどもこの時期、勝ちに行く姿勢も大事である。

ぎりぎりの人数でレギュラー枠が保証されているようなものなので
一人一人に危機感が無い様に思う!
どれだけ悪くても試合に出してもらえると思っているのでは??
見ていてそんな気がした。

控え選手にもポジションを取りたいとの思いが感じられない!(交代させられるとその子がかわいそうなどと言っている) 仲良しごっこでは、強くなられへんぞっ~うるうる


この日聖和さんも来られており、「人数が足りないので、2人ほど貸して欲しい」との事だった。

補欠選手数名がおり、いい練習になるかも? と思い快諾した。gahaha

これまで練習試合でもよくこんな事があったのだが、今までの子は他のチームへ行くのを
嫌がっていた様に思う。
自分のチームでの出場を希望したものであったが・・・。
この日、そのことを子ども達に伝えると「私行きたい!」と手を上げるものが多数・・・・。絵文字名を入力してください
あげくにレギュラーの者まで手を上げていた・・・。
 
初回の攻撃もミスの連続で1点のみで終わってしまう。
その裏の海東さんの攻撃。
簡単にランナーをためての失点。
2回の攻撃でも普段あれほど言っているのに自分の役割、
今この場面で何をしなくてはならないか?
それがわかっていない。怒・怒・怒
とにかく攻撃が雑である。
そんな攻撃で通用するはずも無く、またも1点だけだった。
そんな調子で海東さんには終始押されっぱなしながら、辛くも逃げ切った。

午後より私用の為抜けなくてはならず、この試合まで残っていたが、
とうとうタイムリミットも過ぎてしまい、急いで子ども達を集め話をした。
各自のポジションの動き方や目標などなど。
とにかく、「これ以上情けない試合するな!」と言い残し
後ろ髪をひかれる思いでグランドを後にした。

ラストゲームは今回初参加の茨田南さん
茨田南さん

用事も終わり、急いで後片付けの手伝いでも・・・、と駆けつけたが
すでに片付けは沢山のお手伝いの保護者の方々等により終わっていた。

ほんとに朝早くよりお手伝い頂きありがとうございました。笑顔

今回参加くださったチームの皆さん方もご協力頂きありがとうございました。絵文字名を入力してください

ちなみに最終ゲームは、レギュラー陣の欠席でベストメンバーではなかった茨田南さんを相手ながら
も完封し、蹴れるべき選手がそれぞれ自分の仕事をきっちりこなしていたとの報告を受けた。

やればできるんだから最初からその気持ちで試合に臨んで欲しいものである。ぶつぶつ・・・

関目さんVS聖和さん

塚本さん

海東さんVS田川さん

新高さん



タイトル画像

大道南にて練習試合

2008.05.01(14:41)

4月29日の祝日に大道南小で練習試合を開催しました。

沢山のチームにお越し頂き、太陽 お天気にも恵まれた一日でした。

この時期各チームは区大会へ向けての猛練習中 もー
普段の練習だけでは解らない(頭では解っている??)事が練習試合
で見つけられる。

しかし今年のうちのチームはメンバーがそろわない。
そのためポジション固定が出来ずにどう見ても練習不足。
毎年この時期に沢山のチームに来ていただき練習試合を行うのだが、
正直今年はやめようと思っていた。
基本の練習が出来てない状態での練習試合は??
そんな思いもあり、ぎりぎりまで迷っていた。
しかし、ほぼ毎年の恒例化?としつつある為、
各チームからの問い合わせもちらほらとあり、
総監督とも話し合った末、今回の開催となった。

8時半頃から全10チームにて組合せ抽選を行いゲームスタート。

1試合目は、先週もお相手いただいた高殿南さん
試合前に2分間の練習があり、こーちYコーチにノックをしてもらった。
まずは内野各ポジションへのゴロ、さーぁこ~いの声、にっこり
しかしポロッ、ポロッ・・・・・。
あちこちでポロッ、みんなに伝染するかのように伝わっていく・・・。
取ったと思えば悪送球、・・・・・。
外野でも同じ現象が・・・・・。
おもわず、ベンチで打順を考えていた手が止まる。・・
ほんの3日前に対戦した相手なので緊張しているとも思えず、
いったい目の前で何が起こっているのか??もしかして夢??お願い!

試合が始まり、現実に引き戻される。
いやな予感が的中、
まるでAチームBチームの試合をしているようだ。
試合というより、高殿南さんの蹴り練習の球拾いを全員でしているようだった。
なにも収穫の無いままコールド負けで終了。恥ずかしい

次は田川連合さんとの対戦。
CIMG0452.jpg

田川さんとは今年に入りよく対戦させていただいており、お互いに手の内は良く知っているはず。
しかし、それは自分だけなのか??
子ども達は、全く何も考えていない。
キッカーがどこに立とうが、どんな場面なのかも考えず、
自分の守備位置を言われるまで全く動かない。
言われても意味が解っていないようで、???の文字が顔に浮かぶ。
他の者も、もちろんそれに気が付かず誰も声を掛けたりもしない。

特にこの日は、キャプテン・副キャプテンが足を引っ張った。
攻撃に守備にと大ブレーキ・・・・。
1試合目に続き、大量失点で2試合連続のコールド負け。

ここまで出来が悪いと腹の立つのも通り越し、あきれてきた。
 
つづく 。



 



2008年05月

  1. 井高野さんに練習試合へ(05/17)
  2. 港区へ練習試合(05/12)
  3. 港区での練習試合その②(05/11)
  4. 大道南にて練習試合 ②(05/01)
  5. 大道南にて練習試合(05/01)